円仁によって開祖された「清泰寺」にあります。見性院は穴山梅雪の妻で、武田信玄の次女でもあります。夫の死後、徳川家康に保護され比企尼屋敷に住みました。二代将軍秀忠の侍女お静の方が妊娠するとこれを保護し、ここで生まれた後の会津藩主保科正之を7歳まで養育しました。現在の墓石は、1858年に会津藩により建てられたものです。

見性院の墓(清泰寺)の情報

こちらは見性院の墓(清泰寺)の基本情報です。実際の情報と異なる可能性がありますので、詳しくは公式サイトなどでご確認ください。


名称 見性院の墓(清泰寺)
読み方 けんしょういんのはか(せいたいじ)
所在地 埼玉県さいたま市緑区東浦和5-18-9
電話番号 048-829-1723(さいたま市役所文化財保護課)
営業時間 常時開放 ※夜間は除く
定休日 なし
アクセス

電車・最寄駅

JR「東浦和駅」下車 徒歩約5分


車でのアクセス

東北自動車道「岩槻」ICより約15分

048-829-1723(さいたま市役所文化財保護課)
駐車場
公式 見性院の墓(清泰寺)のオフィシャル(公式)サイト
バリアフリー
備考 無料
無料


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします