川越百万灯夏まつり(川越市)

川越百万灯夏まつりの由来は、川越城主松平斉典が病没した後、三田村源八の娘、魚子(なな子)が、「三田村家が斉典候から受けた恩義」に報いるため翌嘉永3年の新盆に切子灯籠をつくり、表玄関に掲げたことがきっかけになり、町中をあげて斉典候の遺徳を忍んだ事に由来し、小江戸川越の夏の風物詩として、毎年7月末に盛大に開催されています。

色とりどりの提灯が小江戸川越の街並みを彩り、浴衣祭り、神輿、時代行列、様々な踊りなどの催しものが行われる市民参加型のお祭りです。普段のシックで趣ある川越の街並みから、一味違うにぎやかな夜の川越を楽しめます。例年クレアモールと一番街を中心に交通規制され、車両の通行が禁止されます。

川越百万灯夏まつりの情報

こちらは川越百万灯夏まつりの基本情報です。実際の情報と異なる可能性がありますので、詳しくは公式サイトなどでご確認ください。


名称 川越百万灯夏まつり
読み方 かわごえひゃくまんとうなつまつり
所在地 埼玉県川越市西武新宿線本川越駅前〜札の辻交差点/連雀町交差点〜松江町交差点および周辺商店街
電話番号 049-229-1820(川越百万灯夏祭り実行委員会(川越商工会議所内))
営業時間 例年7月末の土・日曜日
定休日 -
アクセス

電車・最寄駅

西武新宿線「本川越駅」下車 すぐ


車でのアクセス

-

049-229-1820(川越百万灯夏祭り実行委員会(川越商工会議所内))
駐車場
公式 川越百万灯夏まつりのオフィシャル(公式)サイト
バリアフリー
備考 -
-


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします