夏越祭は、古くから「鷲のなこし」又は「輪くぐり」と呼ばれています。紙で作った形代に穢れを移し、夏場の健康を願う祭りです。当日、社殿の前に置かれた直径3mの大きな茅の輪をくぐり厄を払い、夕刻に形代を古式ゆかしい行列で近くを流れる古利根川に運びます。川岸で雅楽の演奏や舞が舞われ、船上から形代を流す形代流しが古式にのっとり行われます。また、日中には神楽殿において鷲宮催馬楽神楽の奏演も行われます。

夏越祭の情報

こちらは夏越祭の基本情報です。実際の情報と異なる可能性がありますので、詳しくは公式サイトなどでご確認ください。


名称夏越祭
読み方な こし さい
所在地埼玉県久喜市鷲宮1−6−1
電話番号0480-58-0434
営業時間
定休日
アクセス

電車・最寄駅

東武伊勢崎線 鷲宮駅東口 徒歩7分


車でのアクセス

東北自動車道路久喜インターより約15分

0480-58-0434
駐車場
公式夏越祭のオフィシャル(公式)サイト
バリアフリー
備考


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします