奥秩父の冬の名勝「三十槌の氷柱(みそつちのつらら)」は、岩清水が凍り作り上げられる氷の芸術です。寒さが厳しくなっていくにつれ、徐々にその姿を現します。また、例年1月下旬から2月中旬まで、青と白のライトが20分ごとに切り替わり、ライトアップされた美しい氷柱が荘厳と輝きます。

三十槌の氷柱の情報

こちらは三十槌の氷柱の基本情報です。実際の情報と異なる可能性がありますので、詳しくは公式サイトなどでご確認ください。


名称 三十槌の氷柱
読み方 みそつちの つらら
所在地 埼玉県秩父市大滝三十槌 (ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場内及び荒川河川敷 )
電話番号 0494-55-0707(秩父観光協会大滝支部)
営業時間 8:00〜17:00 ※ライトアップ 【平日】17:00〜20:00 【休日】17:00〜21:00
定休日 例年1月下旬から2月上旬・中旬頃が見頃です
アクセス

電車・最寄駅

秩父鉄道「三峰口駅」下車 西武観光バス「秩父湖」行き ※乗降フリーのバスの為、運転手さんに「三十槌の氷柱」の見学場所下車


車でのアクセス

関越自動車道「花園」ICより約90分

0494-55-0707(秩父観光協会大滝支部)
駐車場
公式 三十槌の氷柱のオフィシャル(公式)サイト
バリアフリー
備考 無料
無料


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします